ケアしているのに肌荒れが治らない理由って?

ケアしているのに肌荒れが治らない理由って?

ニキビや吹き出物などしっかりスキンケアをしているのに治らない肌荒れがあります。その原因は人によって様々ですが、一つにターンオーバーの乱れが挙げられます。

 

バルクオム,肌荒れ,治らない

 

肌は新陳代謝により絶えず生まれ変わっています。古い角質は自然と剥がれ落ち、新しい肌になるので肌表面に傷がついても治るにつれ、傷跡も消えていきます。これがターンオーバーが正常な場合です。

 

ターンオーバーは新陳代謝の良い子供の場合は活発に行われますが、年を重ねると老化やストレスなどにより乱れがちになります。すると古い角質が肌に残ったまま厚くなる角質肥厚になります。

 

バルクオム,肌荒れ,治らない

 

そうなると、どんなに効果のあるスキンケア商品を使っても肌のターンオーバーを促す角質層まで成分がなかなか届かないため、肌荒れが治らないのです。つまり、肌荒れをきちんと治すためには原因となっている乱れたターンオーバーを正常にする必要があります。そのためにはまずは規則正しい生活をする必要があります。

 

ターンオーバーの乱れは乱れた生活習慣からきている場合もあるからです。さらにターンオーバーを促すためには運動も効果的です。身体を動かして全身の新陳代謝を活発にすると、発汗により体内の老廃物をデトックスすると共に肌のターンオーバーも促されます。

 

そして、使用するスキンケアも肌の角質層まで成分を届けるものにすると効果的です。ターンオーバーが正常になり、角質層に潤いとハリを与える成分をきちんと届けることができれば肌荒れは改善されます。

 

バルクオムが今なら500円

バルクオム,肌荒れ,治らない

 

バルクオムトップページへ